事業計画「研修育成委員会」

委員長 蜂巣 麻歩

「STAY HUNGLY,STAY FOOLISH ハングリーであれ、愚か者であれ」
2005年、スタンフォード大学の卒業式でこう締めくくられたスピーチは、世界中の人々の心を揺さぶり、感動を与え、今でも伝説のスピーチとして語り継がれています。彼の名はスティーブ・ジョブズ氏。プレゼンテーションの天才と称される彼のプレゼンによって革新的な製品は一気に世界中に広まり、人々を魅了しました。

もし、彼のような聴衆を魅了する術があれば、この地域の会社が作り出す良い商品やサービスはもっと顧客や世間に広まり、社会の満足に繋がることでしょう。そして、当会議所のメンバー一人ひとりがJCの行う事業の目的や内容を対外にしっかり伝えることができれば、我々の活動に今以上の理解と共感が生まれ、会員拡大、まちへの広がりを経て、我々の目指す「明るい豊かな社会」の実現へ前進することができます。

JC・家庭・職場・社会、どのようなシーンにおいても、人を動かすにはその想いが相手に伝わることが大切です。さらに相手を敬い、愛する心をもって伝えることができたら、感動や感激が生まれ、人の心でさえ動かすことができます。

本年度、研修育成委員会では、「自らの想いをしっかりと相手に伝える力の向上」を研修テーマに掲げ、学びと実践の場を設けます。そして新入会員が増えた今、失敗を恐れず、機会に感謝し、JCの魅力を十分に感じ取れる事業を展開してまいります。