議長としての役割

昨日は、第5回正副理事長会議でした。

閉会0時と遅くまで、ひとつひとつしっかりと議論して頂きました副理事長3君、そして専務。

有難うございました。

そして、予定していた時間に始まれなかったにも拘わらず、丁寧に上程説明をして頂きました委員長の皆様、ありがとうございました。

駐車場の車内で寒い思いをさせてしまい、大変申し訳ありませんでした。

 

議長として、議案を議論する場の進行役として、決められた時間内に進行を進めて待たせない事も大切なのですが、

貴重な時間を割いて説明に来てくれている委員長の想いに応えるべく、しっかり議論をする、議案を揉む、より良いものに作り上げる

手助けをしていく事。私はそれを重視して、議事進行をしています。

 

どちらを優先していくか、非常に難しいことだと思います。

まさに、良い“サジ加減”が必要なのでしょう。

 

「導きながら学ぶ」

これは、私個人の今年度のテーマです。

機会ごとに精度を上げ、考え、少しずつでも力をつけていきたいと思います。

より良いLOMに、例会にしていけるよう精一杯Activeに頑張りますので、もうしばらく拙い進行役にお付き合い下さい。

そして、メンバー皆も同じ意識(当事者意識)を持ってあらゆる場面に臨んで下さい。ご協力の程、よろしくお願いします。

 

お願いばかりの今回のblog。

最後に、直前理事長。また写真撮り忘れた私に、コツを教えて下さいm(_ _)m

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA